小田原市 歯科 歯医者|白山歯科クリニック|歯科 予防歯科 矯正歯科 審美歯科 ホワイトニング インプラント 小児歯科 無痛治療

お知らせ

2017年07月17日

歯の話112話 「今すぐチェック!正しい歯磨きテクニック」

みなさんこんにちは!小田原で評判の痛くない歯医者さん
白山歯科クリニックの田賀です。
今日は海の日、泳ぎに出かける人も多くいらっしゃっると思います。日焼けもいいですが、熱中症や海の事故には十分注意してくださいね!

本日は歯科の予防の原点でもある正しい歯磨きテクニックを紹介したいと思います。毎日歯を磨いても虫歯や歯周病が進んでしまうという方は必見です。
自動代替テキストはありません。

ポイント1 歯磨き剤を使うのは最後に!
十分に口をゆすぎ、濡れた歯ブラシで鏡を見ながら十分にお口の汚れを取り除いた後にお口をよくすすいでください。
歯ブラシに付着した汚れを洗い流し、水を切ってから歯磨き剤を付けて下さい。
いきなり歯ブラシを水で濡らして歯磨き剤を付けて磨くとすと泡がたくさん出るので、まだしっかり磨けていないのに「磨けた気分」になってしまいます。また、鏡を見ても真っ白くなり、汚れがついている部分がみえなくなります。さらに歯磨き剤に含まれるフッ素などの有効な成分も水で流れてしまい、効果半減。歯磨き剤を使うときは、最後に使用してください。

ポイント2歯ブラシを強く握っていませんか!?
歯ブラシをギュッと握ってゴシゴシ磨いていませんか?ホウキを床に押しつけて掃除をしても、うまくゴミは取れませんよね。これは歯磨きでも同じ。歯ブラシは鉛筆を持つように3本の指で持ち、軽く小刻みに動かしていくのが正しい方法です。ゴシゴシ磨くと汚れがよく取れないだけでなく、歯や歯茎を傷つけてしまい、良いことは何もありません。歯と歯の間、歯茎との境目などは特に念入りに磨きましょう。

ポイント3歯磨き剤を使用した後はすすぎすぎないで!
歯磨き剤に含まれるフッ素は歯の表面のエナメル質を修復・強化し、さらにはむし歯菌の働きを弱める効果も。そこでこのフッ素をお口の中に残すために気をつけたいのが「歯磨きの後、水ですすぎすぎない」こと。水で20~30秒、軽く1回すすぐだけで十分です。さらに30分間は飲食を控えてください。

いかがですか?毎日の習慣だからこそ、正しい方法で行うことが大切です。歯科医院の歯磨き指導では、磨き残しのチェック、歯並びや磨き方のクセなど、一人一人のお口の状態にあわせた磨き方をお伝えいたしますので、ぜひお気軽にご相談ください。

歯磨きに自信が無い方はこちらもご覧下さい。
http://hakusan-dental.com/service/preventive.html

2017年07月13日

歯の話111話 歯に良いお料理レシピ「夏野菜のさっぱりビビンバ」

みなさんこんにちは!小田原で評判の痛くない歯医者さん
白山歯科クリニックの田賀です。

暑い日が続いています。みなさま熱中症には十分注意してくださいね!本日の料理は夏野菜を使ったビビンバです。
夏野菜のズッキーニには、βカロテンが豊富に含まれていて
痛~い口内炎を防いでくれる働きがあります。
たくさん食べてくださいね!

画像に含まれている可能性があるもの:食べ物、テキスト

材料(4人分)
ご飯・・・・・・・茶碗4杯分
キムチ・・・・・・適量
温泉卵・・・・・・4個
トマト・・・・・・中1個
大葉・・・・・・・1束
■牛肉の甘辛煮
牛こま切れ・・・・300g
★合わせ調味料
醤油・・・・・・・大さじ2.5
砂糖・・・・・・・大さじ3
酒・・・・・・・・大さじ2
みりん・・・・・・大さじ1
コチュジャン・・・小さじ2.5
にんにくすりおろし
(チューブ)・・・4CM
白ゴマ・・・・・・大さじ1
■もやしのナムル
もやし・・・・・・1袋
※合わせ調味料
塩・・・・・・・・小さじ1
ごま油・・・・・・大さじ1
うま味調味・・・・適量
■野菜のナムル
ズッキーニ・・・・中1本
にんじん・・・・・中1本
◆合わせ調味料
…ズッキーニ、にんじんを
それぞれ半量で和える
塩・・・・・・・・小さじ1
ごま油・・・・・・大さじ2

作り方
下準備
●ズッキーニ・にんじん・大葉を千切りにする。
●トマトはヘタと種を取り、食べやすい大きさの角切りにする。

1.■牛肉の甘辛煮:フライパンにサラダ油大さじ1(分量外)をひき、牛肉を炒める。火が通ったら★を入れて水気が無くなるまで煮詰める。

2.■もやしのナムル:もやしを熱湯でさっと茹でる。ザルにあげ、水気をしぼり※で和える。

3.■野菜のナムル:ズッキーニとにんじんをそれぞれ塩小さじ1/2(分量外)をふってもみ、しんなりさせた後水気をしぼり、◆で和える。

4.お皿にご飯を盛り、1~3の具材とキムチを盛り付け、さらにトマト、温泉卵、大葉を彩りよくのせる。

お好みでビビンバのたれをかけてお召し上がりください。

2017年07月01日

歯の話110話 お口の豆知識「歯ごたえ」ってなんだろう?

みなさんこんにちは!小田原で評判の痛くない歯医者さん白山歯科クリニックの田賀です。

歯ごたえ-2

お蕎麦やうどんのコシ。レンコンのシャキッとした歯切れのよさ。エビのプリッとした食感。これらは一体どこでどうやって感じているのでしょうか?

実は歯の表面に感覚は無いんです!!
「歯ごたえ・歯切れ・歯ざわり」など、食感を表現するのに「歯」という言葉がよく使われます。

では,食感は歯で感じているのでしょうか?
いいえ、歯の表面には感覚がないので、歯そのもので食感を感じることはありません。

では歯の中を通る神経が感じているのでしょうか?
いいえ、神経は硬い歯の中に入っていますから、噛んだ時の感覚はほとんど伝わりません。

では顎の骨・・・?
惜しいですがこれも間違い。
たしかに歯の根は歯槽骨とよばれる顎の骨に埋まっていますが、骨が食感を感じることはないのです。

食感を感じているもの…その正体は「歯根膜(しこんまく)」です!
歯根膜はこのように歯の根っことそれを支えている歯槽骨の間にあります。
その厚さ、わずか0.5mm以下。
私たちはこの極めて薄い膜に加わった圧力を感じて、食感を楽しんだり、食べ物を噛む力るのです。
また、間違えてガリッと硬いものを噛んでしまった時などには、歯や周りの骨を守るクッションの役割もしています。

!!歯根膜は歯が抜けると一緒に無くなってしまいます。
歯ぎしり・食いしばりをしてしまったり、歯周病になると歯根膜が正常に働かなくなり、うまく噛めなくなります。
さらに、歯を失ってしまうと歯根膜は一緒に無くなってしまいます。
たとえ入れ歯で歯を補ったとしても、食感を取り戻すことはできないのです。いつまでも楽しい食生活を送るためにも、自分の歯を失わないように日頃からしっかりケアをしておきましょう。

既に歯を失っても、もう一度歯ごたえを味わいたい方はこちらをご覧下さい。
http://hakusan-dental.com/service/implant.html

2017年06月24日

歯の話109話 「ついやってしまう!お口の悪習慣」

みなさんこんにちは!小田原で評判の痛くない歯医者さん
白山歯科クリニックの田賀です。

歯は人間が自分で直接触れることのできる、もっとも硬い部分です。そのため、つい扱いも雑になりがち…。
しかし、歯は骨のように再生しません!つまり、人生で一度っきりの大切なものです。

歯に対して無意識のうちにしている悪習慣をテーマにまとめて
見ましたのでご覧下さい。

自動代替テキストはありません。

1.力を入れてゴシゴシ歯磨き
力を入れて歯ブラシを歯に押し付けてしまうと、毛先が曲がり十分にプラークを落とすことができません。
歯磨きは「歯ブラシの毛先を軽く当ててやさしく小刻みに」がコツ。また、力を入れて磨くと歯の表面が傷つき、着色しやすくなります。さらには歯ぐきも痛めてしまうので、力の入れ過ぎは全く良いことがありません。

2.つまようじを使う
食べ物が歯に詰まると、つい使いたくなる「つまようじ」。
しかし!加齢とともに歯ぐきが下がってくると、歯の軟らかい部分(象牙質)が露出しやすくなり、ここを傷つけてむし歯になってしまうことがあります。もちろん、歯ぐきを傷つける危険もありますので、歯と歯の間は「歯間ブラシ」や「フロス」を使うことをおすすめします。

3.歯で袋を開ける・歯で糸を切る・氷を食べる
「歯は硬くて丈夫だから」と、無理な使い方をしてはいけません。開けにくい袋を開ける、洋服のタグなどの糸を切る、氷をガリガリ食べるなど、こうした行為は確実に歯を痛めます。
もし折れたり欠けたりしたら、歯の寿命が一気に短くなってしまいます。歯は一生使う大事なもの。硬いものに無理に使うのは絶対にやめてください。

4.歯磨きした後のお茶やコーヒー
お茶やコーヒーはとても着色しやすい食品です。
特に、歯磨き粉を使用した直後にこれらを飲んでそのまま眠ってしまうと、歯に着色してしまう可能性があります!
これは、歯の一番外側をおおっている「エナメル質」が、一時的に研磨剤で荒れてしまうからです。歯磨きの後はお水にしておきましょう。

 

もっと予防を知りたい方はこちらもご覧下さい
http://hakusan-dental.com/service/preventive.html

自動代替テキストはありません。
2017年06月15日

歯の話108 第10回スタッフ症例発表 「サイナスリフトと鼻口蓋管嚢胞摘出」

みなさんこんにちは!小田原で評判の痛くない歯医者さん白山歯科クリニックの田賀です。

医療法人 白山歯科クリニックでは毎月 衛生士、歯科医師、コンシェルジュが順番で発表会を行っています。

今回は私のインプラント治療の中でサイナスリフト(上顎洞粘膜挙上術)と鼻と口蓋をつなぐ管の中にできた嚢胞摘出を同時に行った症例についての発表です。スタッフと一緒に治療内容と手術の動きの最適化などを振り返りました。
スタッフ全員で治療内容を理解し患者さまに適切な治療ができるように日々 努力を続けております。

画像に含まれている可能性があるもの:1人、画面、テキスト