小田原市 歯科 歯医者|白山歯科クリニック|歯科 予防歯科 矯正歯科 審美歯科 ホワイトニング インプラント 小児歯科 無痛治療

お知らせ

2019年01月31日

歯の話153話 「ご存知ですか?口内フローラ」

みなさんこんにちは!小田原で評判の痛くない歯医者さん白山歯科クリニックの田賀です。インフルエンザが猛威を振るい、神奈川県内でも1医療機関当たりのインフルエンザの患者数が67.94人と平成11年以降、過去最多になっています。インフルエンザの発症とお口の中の細菌が関連していることは皆様もご存知かと思います。
細菌はすべてが「悪」というわけではありません。
善玉菌・悪玉菌が存在し、常に縄張り争いをしています。善玉菌が多い状態をキープすることは健康にもプラスです。そこで近年では「ロイテリ菌」といったヒト由来の安全な善玉菌を錠剤などで摂取することで、口内フローラはもちろん、腸内フローラのバランスも良くするという、「善玉菌を活かした健康維持(バクテリアセラピー)」が最先端の予防医療技術として注目されています。
受験生をもつご家族の方や高齢者の方は1日3回以上のブラッシングとプロデンティス(バイオガイア社)の服用をお勧めします。(白山歯科クリニックで販売も行っております。)

写真の説明はありません。
2018年12月23日

歯の話152話  電動歯ブラシと通常の歯ブラシ どちらが良く磨けるの?

みなさんこんにちは!小田原で評判の痛くない歯医者さん白山歯科クリニックの田賀です。
テレビCMなどでもよくみかける「電動歯ブラシ」。普通の歯ブラシと比べていったい何が違うのか質問されます。
その中でよくある3つの質問にお答えします。
Q1.普通の歯ブラシより電動ブラシの方が磨けるの?
手みがきよりもプラークを除去する能力が高いとされていますが「正しい方法で磨ける」ことが前提です。機械だからといって歯みがきが上手になるわけではありませんので、使いこなせなければ手みがきよりも磨けなくなります。不安な方はぜひご相談ください。
Q2.電動ブラシの製品による違いは?どのように選ぶの?
電動歯ブラシには「音波・超音波歯ブラシ」と呼ばれるものがあります。浅いところであれば、歯周ポケット内のプラークを除去できたり、また、細菌の表面構造を破壊するなどの効果も期待できます。ただし、ブラシがしっかり届かなければ意味がありませんので、大きさや形状、操作性を確認してから購入しましょう。
Q3.電動歯ブラシだけでOK?
歯と歯の隙間のプラークなどは、どんなに優れた電動歯ブラシでも完全に取り除くことはできません。手みがきでも電動でも、歯ブラシだけでは3~4割程度の磨き残しがあるといわれていますので、フロスや歯間ブラシなどを使ってしっかり取り除きましょう。
まとめとして、動歯ブラシには効果が高いものもありますが、「正しい方法」で使用しなければその効果は発揮されません。電動歯ブラシの選び方・使い方の指導もしていますので、不安な方はどうぞお気兼ねなくご相談ください。
自動代替テキストはありません。
2018年11月23日

歯の話151話 ひみこのはがいーぜ(卑弥呼の歯がいーぜ)?」

みなさんこんにちは!小田原で評判の痛くない歯医者さん白山歯科クリニックの田賀です。
今日は噛むことの効用をカルタにしていました。
是非ご覧ください!

自動代替テキストはありません。
2018年11月11日

歯の話150話 「歯科治療・水に細菌…機器に滞留し増殖 対策不十分?」

みなさんこんにちは!小田原で評判の痛くない歯医者さん白山歯科クリニックの田賀です。
本日はインプラント手術日でしたが、インプラントなどの外科処置を行う際、特に気を使うのが感染対策です。
2015年8月に読売新聞の夕刊に「歯科治療・水に細菌…機器に滞留し増殖 対策不十分」と言う記事がありました。
2015年から患者さまが座るドイツ製チェアーはうがいや切削器具から出る水全てに過酸化水素が循環するシステムの物を使用しておりましたが、昨年末にようやく国産でも同様のシステムが装備されたチェアーが発売されました。
現在は全てのチェアーに除菌システムが内蔵されている新型チェアーに替えさせていただいております。常にキレイな水で診療させて頂いておりますので安心して治療を受けてください。
2018年11月04日

歯科ドックを受診してみませんか

みなさんこんにちは!小田原で評判の痛くない歯医者さん白山歯科クリニックの田賀です。がんといえば様々な部位に発症しますが、実はお口の中にも「口腔がん」と呼ばれるがんができます。その数は毎年増え続けており、30年前と比較しておよそ3倍にも。10年以内には1万人を超えるといわれています。

しかし口腔がんは、初期症状のうちに治療すれば完治する可能性が高く、後遺症も少なく済みます。そこで大切なのが細かい検診です。セルフチェックだけで済ませるのではなく、1年に1回はお口の中の隅々まで検査ができる歯科ドックの受診してみてはいかがでしょうか。

スライド1