小田原市 歯科 歯医者|白山歯科クリニック|歯科 予防歯科 矯正歯科 審美歯科 ホワイトニング インプラント 小児歯科 無痛治療

お知らせ

2014年03月17日

ファイバーポストをご存知ですか?

 

歯根破折

神経を取った歯は日々劣化していきます!!     

困ったことに神経を取り除いた歯は、痛みの感覚を失い、虫歯になっても自覚がありません。

ですから虫歯を予防し、劣化した歯が折れないようにセラミックスや金属などで被せる治療を行います

 

しかし、虫歯で失った歯を作るために、内部を補強する太く長い金属が

強い噛み合わせの力により劣化した歯を内部から壊してしまうことがあります。

上のレントゲン写真は土台の金属が歯を中央から割ってしまい

抜歯になってしまったケースです。 

ブリッジ破損破折片

上の写真が土台の金属が歯に過剰な力を加えた為に歯根が折れてしまった状態です。

近年このようなトラブルを防ぐ為に、ファイバーポストが開発されました。

グラスファイバーが中に入っている為、力がかかったとき、しなって力を逃がしてくれます。

 

残念ながら非常に強い噛み合わせの方やブリッジの場合では破損することがありますのでご注意を!!

ファイバー ファイバーポスト

 

2014年03月04日

歯周病と肺炎は密接な関係があります!(朝日新聞の夕刊の記事を紹介します)

キャプチャ1

 

少ない歯 肺炎に注意(口内の細菌 多くなり感染)

 

抜けてしまった歯が多い人ほど肺炎で亡くなる危険性が高いことが、 名古屋大 や京都大などの研究グルー プの調査 でわか っ た。歯がない人は口の中に細菌が多く、 肺にも感染しやすいためだという。

名古屋大大学院医学系研究科博士課程の須磨紫乃さ ん (予防医学) らは 全国の歯科医師会の会員約2万 人を対象に歯の状態などについて回答してもらい、亡くな った人について死因 を調べた結果を分析。肺炎による死亡率と、抜けた歯の本数との関係を調べ た。

肺炎の死者は計55人。抜 けた歯が4本までの人と比 べ ると、年齢や肥満などの影響を差し引いても、5~14本が抜けていた人は危険性が1.74倍15~27本の人は2.37倍あった。4本の親知らずをのぞく28本がすべて抜けいた人の危険性は2.77倍あった。

歯が少ない人には歯周病の人が多く、原因の細菌が肺に入 って肺炎を起こしや すいことが理由らしい。食 べ物をよくかめないために 栄養状態が悪くなり、細菌への抵抗力が低くなること も考えられるという。 須磨さんは 「年をとると 歯がなくなるのは当たり前 と思われがちだが、きちん とケアをすれはある程度は 防ける。歯の健康は体全体にも影響するので、口の中を清潔にしてほしい」と話す。成果は仙台市 で開かれ ている日本疫学学会で24日報告された。(小宮山 亮磨)

2014年03月04日

3月 4月の診療カレンダーです

3月診療カレンダー               4月カレンダー

 

*4月28日(月)は休診とさせて頂きますが、5月1日(木)

5月 8日(木)は診療させていただきます。

 

*3月23日(日) ・4月13日(日)はインプラント手術日です。

インプラントのご希望・ご相談は気軽にお申しつけ下さい。

 

*研修のため3月15日(土)は18:00までの診療となり

3月29日(土)は8:00~14:30までの診療となります。

 

*4月は入学・進級・就職など新たなスタートの時期です!

白くピカピカのきれいな歯で迎えませんか!

歯のクリーニングは国家資格をもつ衛生士が煙草やお茶など

歯の着色をもきれいに落とし、つるつるに磨きます。