小田原市 歯科 歯医者|白山歯科クリニック|歯科 予防歯科 矯正歯科 審美歯科 ホワイトニング インプラント 小児歯科 無痛治療

お知らせ

2014年11月26日

歯の話20 口腔ケアでインフルエンザ予防

みなさんこんにちは!小田原の歯医者さん白山歯科クリニックの田賀です!

今年もまた、インフルエンザの季節がやってきました。

インフル

身近な予防方法といえば、「うがい・手洗い」がおなじみですが、

実は、歯みがきのような、毎日の「お口のケア」をしっかりすることも、

インフルエンザ予防に大きな効果があるといわれています。

ある例では、発症率が10分の1になったというケースもあるほど。

では、なぜお口のケアがインフルエンザ予防になるのでしょうか?

 

学校などでインフルエンザが流行しても、なかには全くかからない人もいます。

これは、もともと人間に備わった防御機能のおかげ。

ウイルスは、鼻やのどの粘膜から侵入してきますが、粘膜にはそうしたウイルスが

簡単にくっつかないように、タンパク質のバリアが備わっています。

ところが、この粘膜バリアを破壊してしまう物質があります。

それが「プロテアーゼ」とよばれる「酵素」の存在。

そして、この「プロテアーゼ」を作りだしているのが、実はお口の中の

「細菌」なのです。

 

お口の中を不衛生にしていると、細菌が増殖して粘膜バリアが破壊され、

ウイルスにとって格好の環境になります。

逆にいえば、お口の中をきれいにしておけば、ウイルスが侵入しにくくなり、

インフルエンザ予防につながる、というわけですね。

インフルエンザ予防

 

 

もちろん口腔ケアは、インフルエンザ予防だけでなく、むし歯や歯周病予防の

基本です。

白山歯科クリニックではクリーニングだけでなく、ご自身でのケア効果を

高めるための歯磨き指導も行っていますので、ぜひお気兼ねなくご相談ください。

 

また、白山歯科クリニック歯科用機器に付着したインフルエンザウイルスで

患者さまを感染させることが無い様に、徹底的に滅菌処理を行っています。

詳しくは 「おもてなし」 

http://hakusan-dental.com/about/hospitality.html

でご覧下さい。

 

 

 

2014年11月19日

歯の話19  砂で歯をみがく?! ~歯みがき粉の歴史~

砂磨き

 

みなさんこんにちは!小田原の歯医者さん白山歯科クリニックの田賀です!

みなさん、きちんと食後に歯みがきをしていますか?

歯みがきは、お口の健康維持の基本、「食後には歯みがき!」忘れないでくださいね。

■ 3500年もの歴史が!

さて、その「歯みがき」に欠かせないのが「歯みがき粉」。  

普段、何げなく使っているかもしれませんが、歯みがき粉の歴史は古く、なんと約3500年前のエジプトですでに使われていました。

古代の人もお口の健康に気を使っていたんですね。

■ 砂まじりの歯みがき粉

 一方、日本では、平安時代に塩で歯をみがいていたという記録もありますが、江戸時代にはなんと砂で歯をみがいていました

細かい砂に漢方薬をまぜ、歯みがき粉として使っていたんです。

砂が歯の汚れを落とす研磨剤になっていて歯の汚れがよく落ちるんですね。

■ 砂の歯みがき粉の欠点

しかし、いくら細かいと言ってもそこは砂、粒が粗く、確かに汚れは落ちるかもしれませんが、歯の表面も削れてしまうという欠点があります。

 そのため、歯みがき粉の砂には、房州砂という房州(今の千葉県)の特にきめの細かい砂が重宝されていたそうです。

■ 歯はきれいになるけど…

在、市販されている多くの歯みがき粉にも研磨剤が含まれています。

ですから、歯の汚れを落とすにはいいのですが、歯の表面が削れるのは大きなデメリットです。

大切なのは、皆さんのお口の状態にあった歯みがき粉を使うこと。

歯みがき粉には研磨剤が含まれていないものもありますので、選び方はよくわからないときは

どうぞお気軽に歯科医師やスタッフにご相談くださいね。

エジプト式

http://hakusan-dental.com/service/general.html

2014年11月12日

歯の話18 歯周病はお口の病気だけではないんです!

みなさんこんにちは!小田原の歯医者さん白山歯科クリニックの田賀です!

■お年寄りは要注意
日本での3大死因は、ガン・心臓病・脳卒中ですが、これらに次ぐ死因が肺炎です。

中でも、多くの高齢者が誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)という病気で亡くなっています(平成22年厚生労働省)。

実は、この誤嚥性肺炎は、お口の病気である歯周病と深い関係があります。

というのも、誤嚥性肺炎はお口の中の細菌が肺に入ってしまい引き起こされる病気。

ですから、歯周病になると、お口の中の細菌が増え、この肺炎になるリスクが高くなるんです。

そこで、この病気を予防する為には、まずお口の中の細菌を減らす必要があります。

そのためには、歯科医院できちんと歯周病を治療すること。

そして、普段からきちんと歯みがきをして、口腔内の環境を整えることが大切です。

歯周病は

■お口の病気が全身に!?
歯周病になると歯周病菌が歯ぐきの血管を傷つけ、そこから歯周病菌が身体の中に入り、さまざまな病気の原因になります。

歯周病は、ただ、歯が抜けたり、口臭の原因になるだけではありません。

関節炎や早産など一見お口とは関係がないような病気、また場合によっては、がんや動脈硬化など、死に至る病気の原因にもなることがあるんです。

歯周病は自覚症状が少なく、しかも静かに進行していきます。

お口だけでなく全身疾患にも影響するとても怖い病気ですので、ぜひ歯科医院で定期的にチェックしてくださいね。
http://hakusan-dental.com/service/preventive.html

女性特有の歯肉炎もあります。

2014年11月08日

歯の話14 歯の話14 「タニマチ」って漢字でどう書くか知ってますか?

みなさんこんにちは!小田原の歯医者さん白山歯科クリニックの田賀です!

相撲

今回はお相撲のお話です。

娯楽の少なかった昔は、多くの人が相撲に夢中になっていました。

その相撲と深い縁があるのが「タニマチ」。

「タニマチ」とは、ひいきの力士を無償で援助する「個人的サポーター」

のことですが、実は歯医者と深い関係があるんです。

明治時代、相撲は大変な人気があり、たくさんの熱狂的なファンがいました。

そんな中に、相撲部屋の宿舎がたくさん集まる大阪の、とある地域で治療していた

歯医者がいました。

彼もまた相撲がとても好きで、毎回、大阪場所を楽しみにしている一人でした。

そして、ついにはその相撲好きがこうじて、自分のところへ治療に来る力士からは、全く治療費をもらわなかったそうです。

これぞまさに「個人的スポンサー」のはじまり。

そして、この場所が現在の「大阪市中央区谷町(当時の南区谷町)」

そうなんです、この歯医者のあった地名こそが「タニマチ」という名前の語源なんですね。

谷町

(「タニマチ」の語源には諸説ありますが、「谷町にあった病院が無償で治療をしたから」という説が最も有力とされています。

今では、力士だけでなく、他のスポーツ選手や芸能人にも「タニマチ」がいます。

とはいえ、経済が落ち込んでる昨今、「タニマチ」も減っているそうです。

ちなみに11月9日(日)からは、福岡国際センターで11月場所があります。

先場所で旋風を巻き起こした逸ノ城が、11月場所でどんな相撲を取るのか

楽しみですね。

相撲を見たら、ぜひ「タニマチ」の由来を周りの人にも教えてあげて下さい。

2014年11月05日

歯の話17 女性は歯周病になりやすい!?

女性は歯周病になりやすい3女性は歯周病になりやすい2

 

みなさんこんにちは!小田原の歯医者さん白山歯科クリニックの田賀です!

みなさま質問です?歯周病ってどんな病気でしょう!?

ご存知の方も多いと思いますが、歯周病は「歯周病菌」と呼ばれる細菌が歯ぐきに炎症を引き起こす病気です。

進行すると歯を支えている「歯槽骨(しそうこつ)」という骨を溶かし、歯が抜けてしまうとても怖い病気です。

さて、この歯周病ですが「女性の方がかかりやすい」といわれています。

女性は歯周病になりやすい1

歯周病の原因はお口のなかの汚れですので、ブラッシングなどケアがしっかりしていなければ男女問わず歯周病になります。

ただ、女性の場合は「女性ホルモン」の影響により、より歯周病になるリスクが高いと言われています。

なんで女性ホルモンの影響で歯周病にかかりやすいの??と思われる方も多いと思います。

歯周病菌にはさまざまな種類がありますが、一部の歯周病菌に女性ホルモンを好むものがあります。
そのため、女性ホルモンが増える月経前に歯周病は悪化しやすく、歯茎が腫れやすいといった症状を引き起こすこともあります。

また、妊娠している場合に月経前に比べて女性ホルモンが20倍以上にもなることもあり、さらに歯周病のリスクが高まります。

そればかりか、歯周病になると早産や低体重児が生まれるリスクが高まるとも言われており、そのリスクはタバコやアルコール

高齢出産などよりも高くなるという調査結果もあるほどです。

とはいえ、あくまでも歯周病の原因はお口の中の細菌。
しっかりお口のケアをしていれば、歯周病は十分に防げる病気です。

自覚症状が少ないことも多いので、特に妊婦の方や歯ぐきに違和感や出血のある方は、ぜひ一度検査にいらしてくださいね。

女性特有の歯肉炎もあります(エプーリス)
http://hakusan-dental.com/case/case02.html
参考にして下さい。