小田原市 歯科 歯医者|白山歯科クリニック|歯科 予防歯科 矯正歯科 審美歯科 ホワイトニング インプラント 小児歯科 無痛治療

お知らせ

2014年12月31日

歯の話25 口呼吸が引き起こす全身のトラブル

みなさんこんにちは!小田原の歯医者さん白山歯科クリニックの田賀です!

口呼吸

口で息をする「口呼吸」。鼻で吸っても、口で吸っても同じなんじゃないの?って思うかもしれません。

でも、その違いが、お口や身体全体の健康に大きな影響を与えます。日本では、小学生以下の子どもの、実に 80%が口呼吸になっているとも。

つまり、ほとんどの子どもは、口呼吸が引き起こす病気の予備軍といえるんです。

口呼吸は万病のもと

そもそも、人間は鼻で息をするのが本来の呼吸法。
鼻の中に生えている毛や粘膜により、空気中の細菌が身体の中に取り込まれるのを防いでいます。鼻は、まるで空気清浄機のようですね。
ですから、口で呼吸をしていると、空気中の細菌がダイレクトに身体に侵入し、アトピーやぜん息、花粉症などアレルギー疾患の原因になってしまうんです。

さらに、口呼吸になっていると、口の中が空気で乾燥し、だ液が減ってしまいます。

すると、だ液によるお口の清掃効果が減少し、むし歯や歯周病、口臭の原因にも…。
そのほか、口呼吸をしていると口もとの筋肉がゆるみ、身体が脱力状態になり、猫背の原因にもなるんです。

口呼吸の対処法

口呼吸2

口呼吸の対処法はいくつかありますが、とにかく口を閉じ、鼻で呼吸する習慣をつけることが大切です。
対策1 寝る前に30分ほど紙をくわえる。
対策2 仰向けで寝る
2,3週間続けると、自然に鼻呼吸ができるようになりますので、ぜひ試してくださいね。

口呼吸は、ご説明したように全身疾患の原因になります。もちろん、お口の健康にも大きな影響を与えますので、心当たりのある方は、ぜひ一度、私たちにご相談ください。

口呼吸は歯周病にも影響します。

http://hakusan-dental.com/service/preventive.html

 

もご覧ください!

2014年12月25日

歯の話24 歯の神経を治療するのは、なぜ回数がかかるの?!

みなさんこんにちは!小田原の歯医者さん白山歯科クリニックの田賀です!

「ズキンズキン」と激しく痛むむし歯、いやですよねぇ。こうした痛みの場合、多くは「歯の神経を取り除く治療」が必要になります。

「歯の根の治療」という言い方をすることもあります。実はこの治療、「神経を取り除く」といっても、ただ取ってしまえばいいというわけではありません。

そもそも、なぜ激しく歯が痛むのか。それは「むし歯菌が歯の表面を突き破り、神経まで侵されてしまったこと」が原因です。つまり、歯の内部までむし歯菌が広がっているので、神経を取るだけでなく内部のむし歯菌を取り除き、さらにしっかり消毒したうえで、密閉もしなくてはいけません。これをしっかり行わないと、再び細菌が繁殖して痛みが発生し、もう一度同じような治療をしなくてはなりません。

根治2

歯の断面図をご覧ください。神経は「根管」と呼ばれる部分に入っていて、治療ではこの「根管」内にいる細菌を取り除き、さらに密閉しやすいように形を整えます。このように絵で表現すると、とてもシンプルにみえますね。

根治3

写真をご覧ください。穴になっているのが実際の「根管」です。実は治療で実際に目に見える部分はたったこれだけ。しかも「根管」の太さはほんの数ミリしかありません。そうでなくても見えにくい口の中。作業が困難な上、しっかりむし歯菌が取れたかどうか確認しながらの作業なので、どうしても回数がかかってしまうのです。

このように「神経を取る」治療は、地味ではありますが細かく、とても根気がいります。
しかし、皆さんの歯をしっかり守るために、決して手の抜けない重要な治療ですので、来院回数が多くなることもありますが、どうかご理解をいただき、最後までご来院いただければと思います。

一般治療こちら

 

2014年12月17日

歯の話23 親知らず 抜くべきか?抜かざるべきか?それが問題だ!

親知らず2

「最近、親知らずが生えてきた気がする…」

「親知らず」というと、「痛い」「抜くのが難しい」「腫れる」「出血する」などの怖いイメージを持っている方がたくさんいらっしゃいます。

しかし、親知らずだからといって、必ず抜かなければならないわけではなく

その生え方や他の歯への影響などによって、抜くかどうかを決めていきます。

「親知らず」とは、前から数えて8番目に生えている一番奥の歯です。人によっては埋まった

まま生えない方もいますし、そもそも無い場合もあります。

また、問題になる時期も思春期の若い方から高齢者まで幅広

もちろん生えていても一生何も問題がないという方もいます。

なお、次のような親知らずは抜かなくても問題がありません。使える歯はしっかり大切に守っていきましょう。

親知らず

 

しかし、斜めに生えてしまって手前の歯を圧迫していたり、歯磨きがきちんとできず

むし歯や歯周病になってしまっている場合などは、どうしても抜歯が必要になります。

また、今はトラブルがなくても、あらかじめ抜いておいた方が周囲の歯を守れることもありますので

親知らずが気になる方はぜひご相談ください。

*歯を抜くことは外科処置です。白山歯科クリニックは滅菌が行き届いていますからご安心ください!

 

2014年12月10日

歯の話22 「歯がしみる・・」それって知覚過敏?

みなさんこんにちは!小田原の歯医者さん白山歯科クリニックの田賀です!

冷たい水が歯にしみる…。そんなとき「知覚過敏かな…」と思われる方も多いようです。

しかし、歯がしみるからといって、「知覚過敏」だと自己判断するのはとても危険です。

知覚過敏は専用の歯磨き粉などが市販されているので

「ひょっとしたら、病院に行かなくて済むかも」と思われる方も多いようです。

しかし、もし知覚過敏でなかった場合、放置することで歯の寿命を著しく短くしてしまうこともあります。

歯がしみる原因には、知覚過敏以外にも図のようなものがあります。

知覚過敏

 

こうした場合は、歯科での適切な処置が必要です。

また、知覚過敏専用の薬なども用意していますので、「歯がしみるな…」と感じたら

自己判断せずにまずは早めにご相談くださいね。

もし心配な方はこちらへ

 

 

2014年12月03日

歯の話21 噂の真相 正露丸って本当に虫歯に効くの??

みなさんこんにちは!小田原の歯医者さん白山歯科クリニックの田賀です!

「むし歯に正露丸をつめると痛みが治まる!」そんな話を聞いたことは

ありませんか?

「そんなの迷信じゃない?」と思う方もいるかもしれませんね。

そこで、実際に正露丸の「効能」を見てみると…(写真参照)。

正露丸

 

たしかに「むし歯痛」と書かれていますね。

実は、正露丸に含まれている「もく(日局)クレオソート」という成分は、歯科でも痛みをおさえるために使われるもので

これがむし歯の痛みにも効くんですね。

しかし、正露丸には痛みをおさえる効果はあっても、むし歯そのものを治す力はまったくありません。

しかも、歯から膿(うみ)が出ているような場合は、正露丸をつめることでその出口をふさぐことになってしまい

かえって痛みを増幅させてしまいます。

また、正露丸は刺激が強いので、舌や口の中の粘膜に触れるとヒリヒリします。

それになにより、正露丸独特の「臭いと味」が口に広がるわけですから、それだけでも苦痛ですね(笑)。

ですから、もし歯が痛くなっても安易に自分で処置をせず、まず歯科医院へお越しいただくことをお勧めします。

また、やむをえず市販の薬を使って体に異常が出たときには、ただちに使用を中止し、病院に相談してください。

正露丸2

 

痛みを薬でやり過ごしている間にも、むし歯はどんどん進行しています。放っておいたら抜歯が必要になってしまった!

なんていうことになる前に、一日も早く歯科医院で根本的なむし歯の治療を開始しましょう。

最新の虫歯治療はこちら