小田原市 歯科 歯医者|白山歯科クリニック|歯科 予防歯科 矯正歯科 審美歯科 ホワイトニング インプラント 小児歯科 無痛治療

お知らせ

2015年07月24日

歯の話35 白山歯科クリニックのインプラントは他と違うんですか?①

みなさんこんにちは!小田原の歯医者さん白山歯科クリニックの田賀です!

先日HPのお問い合わせに「白山歯科クリニックのインプラントは他とどう違うんですか?」という質問を頂きましたので、お答えさせて頂きます。

白山歯科クリニックにおけるインプラントの考え方に

《安心安全な“自分の家族にも受けさせたいインプラント治療》

という理念で治療を行っています。

iインプラント図1             インプラント図2

「患者さまの負担を最小限に」

当院のインプラント治療にかける想いは、患者さまに安心・安全な治療を提供したいということです。

患者さんの中にはインプラントに対して“怖い”という印象を持たれている方が少なくありません。

その中で「患者さんの怖さや不安を軽減できるだろうか」と考えた結果がガイデッドサージェリーの導入でした。

今までももちろん、低リスクで低侵襲(できるだけ痛くない・ダメージが少ない)な治療を行ってきました。

現在はCTと解析ソフトを導入し、さらにそのデータをもとに正確な位置にインプラントを入れるためのサージカルステントで患者さまへの負担が少ない治療を提供できるようになりました。

CT  サージカルステント

成功するインプラントを目指して、ドイツ シロナ社で製作したサージカルステントで理想的な位置にインプラントを埋め込む最新の手術方法を全ての患者さまに実践しています。

現在 白山歯科クリニックでは、全てのインプラント手術をガイデッドサージェリーで行うことが、成功するインプラントの必須条件となっています。

成功するインプラントはこちらから

 

2015年07月16日

歯の話34 歯の変色を防ぐ3つの習慣

みなさんこんにちは!小田原の歯医者さん白山歯科クリニックの田賀です!

今日はいつまでも歯を白くしたい方必見の《歯の変色を防ぐ3つの習慣》について

お話ししたいと思います。

 

習慣1 着色性食品を避ける!  食べたらすぐにゆすぐ!

カレー      着色

カレー・コーラ・コーヒー・紅茶・ワインなどは『着色性食品』と呼ばれ、文字通りとても着色しやすい食品です。

とはいえ、絶対に食べないで!というわけではありません。

着色性食品を食べた後は、なるべく早く口をゆすげば大丈夫。

しかし、ぜひ皆さんに注意していただきたいのは

この着色性食品との「食べ合わせ」です。

 

習慣2 NGな食べ合わせに気をつける

イチゴ

「悪い食べ合わせ」といえば、消化不良などを想像されるかもしれませんが

実は「歯の着色」に関しても、注意したい食べ合わせがあります

それは、先ほどの『着色性食品』と一緒に、炭酸飲料・アルコール・酢・酸が多い野菜や果物などを口にしてしまうことです。

これらは『着色補助食品』と呼ばれており、口に入れると歯の表面を溶かしてしまいます(脱灰)。

そうして溶けたところに先ほどの『着色性食品』を食べると、歯に色が入り込み簡単に色がついてしまうのです。

着色性食品と補助食品の食べ合わせに注意し、食べてしまった場合は忘れずに歯を磨きましょう!

着色補助食品悪い組み合わせに一例としては食べ合わせ

 

習慣3 タバコをやめる!

タバコ

タバコのヤニが付いた歯は「濃い茶渋」が付いているように見えるため、食べ物による着色よりもハッキリと目立ちます

何より喫煙は、歯の着色だけでなく、口腔がん・歯周病・口臭・歯ぐきの黒ずみなどの原因にもなりますので、十分に注意しましょう。

 

ご用心

歯の黄ばみが気になるからといって、ゴシゴシ強く磨き過ぎるのはやめましょう。

市販の歯磨き粉には研磨剤が含まれていることが多く、歯の表面を

傷つけてしまったり、また歯ぐきを痛めてしまうこともあります。

白山歯科クリニックでは着色やヤニによる汚れを専用の器具を使って、歯を傷つけることなく落とすことができます。

また、汚れを落とすだけではなく、歯をもっと白くしたいという方にはホワイトニングもお勧めです。

詳しくは担当衛生士までおたずねください。

 

2015年07月12日

白山歯科クリニックのセレック システムが変わります!

みなさんこんにちは!小田原の歯医者さん白山歯科クリニックの田賀です!

本日はセレックで使用しているセラミックスブロックの変更について

お知らせします。

2015年5月までセレックはSirona社製セレックブロックを使用して

おりましが、6月よりE-maxブロックに変更させて頂きました。

Exif_JPEG_PICTURE → Exif_JPEG_PICTURE

 

セレックブロックの主成分は、高品質な長石を均一の大きさに圧縮したもので

ブロックの硬度も歯の硬さに近く(120Mp)、色調にも大変優れた良質なブロックでした。

しかし、現代社会はストレスを抱える方が多く、予期せぬ歯ぎしりや噛みしめのため

ごくまれにセレックブロックで製作したセラミックスの破損例が確認されました。

この対策としてブロックの素材を変更させていただくことが最善と判断しました。

E-maxブロックの紹介

E-maxブロックの主成分はニケイ酸リチウムガラスセラミックスで上の写真にあるように青い色調のブロックです。

ブルーの段階の曲げ強度は、およそ150Mpaですが850℃で25分間

Exif_JPEG_PICTURE

電気炉(プログラマット:E-max専用)で

焼成することにより、色も歯の色調に変わり、曲げ強度も360Mpになります。

この操作により、セレックブロックの3倍の曲げ強度となり患者さまに

より安心してご使用いただける、セラミックスが提供できると考えております。

2015年07月10日

白山歯科クリニック  7月のご挨拶

みなさんこんにちは!小田原の歯医者さん白山歯科クリニックの田賀です!

7月20日は「海の日」!…とはいっても「みんなで海に遊びに行こう!」

という祝日ではありません。

「海の恩恵に感謝し、海洋国日本の繁栄を願う」というきちんとした

趣旨があります。

7月号

夏の海にふわふわと浮かぶ「クラゲ」。

海水浴中にはできれば出会いたくないものですが、実は、鑑賞することで癒し効果が期待できるという研究結果が報告されています。

光を放ちながら、涼しげに水中を漂う姿はとてもきれいですね。

暑さでストレスがたまった時には水族館などへ行って癒されてみてはいかがですか?これも海の恩恵の一つかもしれませんね。

そして「海の恩恵」として一番身近に感じられるのはやっぱり「食べること」でしょうか。

日本では年々、魚介類の摂取量が低下していますが、骨まで丸ごと食べられる魚や貝類、海藻には歯や骨を丈夫にするカルシウムが特に多く含まれています。

食事を一生おいしく味わうためにも、海の恩恵に感謝しながら、魚介類も積極的にいただきましょう!