小田原市 歯科 歯医者|白山歯科クリニック|歯科 予防歯科 矯正歯科 審美歯科 ホワイトニング インプラント 小児歯科 無痛治療

お知らせ

2016年04月24日

歯の話58 『妊婦さんは危険がいっぱい!』 安定期に入ったら。先ずは定期検診を!!

 

みなさんこんにちは!小田原で評判の痛くない歯医者さん白山歯科クリニックの田賀です!

Exif_JPEG_PICTURE

 

妊娠中は体にいろいろ変化がおきますが、それはお口の中も例外ではありません。
いったいどんな危険があるのでしょう?

1.50%が歯周病に!!早産や低出生体重児のリスクが増加
実に妊婦さんの約半数が、歯ぐきの腫れや出血を伴う「妊娠性歯肉炎」という歯周病にかかってしまいます。
女性ホルモンの分泌量の増加やつわりでしっかり歯磨きができなくなることが原因です。喫煙、飲酒と同じように、この歯肉炎が重症化すると、早産や低出生体重児につながりますので、十分な注意が必要です。

2.虫歯のリスクも増加!歯が痛いままの出産はつらい!
女性ホルモンの増加でだ液の性質が変わってしまったり、つわりでしっかりブラッシングできない、食事の回数が増えるなど、妊娠中はむし歯のリスクも高まります。妊娠8ヶ月頃を過ぎるとお腹が大きくなり治療が難しくなってきますので、早期発見・早期治療が重要です。

3.妊娠性エプーリス(写真参照)
妊娠16週前後から歯ぐきにできる「良性の腫瘍」です。赤く腫れて出血もしますが、出産と共に消えていきます。しかし、悪化して出血などが多くなると、やはり早産や低出生体重児の原因となりますので、「なんか腫れてるかな…」と感じたら早めに来院してください。

安心して楽に治療ができるのは妊娠8ヶ月まで。安定期に入ったら、まずは定期健診でお口の病気を早期発見・早期治療しましょう!

またエプーリスに関しては下記に詳しく書いていますので
参考にして下さい。
http://hakusan-dental.com/info/?m=201405

2016年04月16日

白山歯科クリニックの歯を健康に保つ評判のお料理レシピ  タケノコと高菜の香味炒め

白山歯科クリニックの歯を健康に保つ評判のお料理レシピ
みなさんこんにちは!小田原で評判の痛くない歯医者さん白山歯科クリニックの田賀です!

キャプチャ-1
今日は「タケノコと高菜の香味炒め」を作りたいと思います。
カルシウムたっぷりの干しエビ!
食物繊維豊富なタケノコ!
βカロチン豊富な高菜!
これらをしっかり活用します。

材料4人分
たけのこ(水煮)  中2本
高菜漬け    100g
干しエビ    30g
にんにく    2片
豆板醤     小さじ1.5
醤油      大さじ1
サラダ油    大さじ1

合わせ調味料
中華スープ      50CC
オイスターソース   大さじ1
砂糖         大さじ1
醤油         小さじ1
ごま油        大さじ1
紹興酒(しょうこうしゅ) 小さじ1

作り方
1 干しエビをひたひたのお湯に10分ほどつけて戻しておく。合わせ調味料の材料を混ぜ合わせておく。

2 たけのこを食べやすい大きさに切り、醤油をまぶして下味をつけておく。

3 高菜漬けは水で洗い、水気を絞って細かく切る。にんにくはみじん切りにしておく。

4 たけのこの水気をよく拭き取り、180℃のサラダ油(分量外)できつね色になるまで素揚げにする。

5 中華鍋にサラダ油を入れ、豆板醤とにんにくを強火で炒める。香りが出たら干しエビ、高菜漬け、たけのこを加えて炒める。

6 5に火が通ったら合わせ調味料を加え、軽く混ぜたら火を止めて出来上がり!