小田原市 歯科 歯医者|白山歯科クリニック|歯科 予防歯科 矯正歯科 審美歯科 ホワイトニング インプラント 小児歯科 無痛治療

お知らせ

2017年02月19日

歯の話96 手遅れになる前に!『歯を失う前に知っておこう!!』

みなさんこんにちは!小田原で評判の痛くない歯医者さん白山歯科クリニックの田賀です。みなさんは歯を失う原因と一番早く失いやすい場所をご存知ですか?

1.歯を失う原因は虫歯ではありません!1

歯を失う原因の第1位は?と聞かれたら、おそらく若い方のほとんどが「むし歯」と答えるでしょう。しかし、年代全体でみた1位はなんと歯周病!その割合は40%を越えています。
また、年齢を重ねるごとに歯周病で歯を失っていて40歳から急激に失う本数が増加していきます。65才以降が減少傾向なのは、それまでに抜けてしまって、すでに歯が少なくなっているから。決して歯周病のリスクが下がったわけではありません。

2

2.どの歯が失いやすいの?

一番失いやすい歯は奥歯です!歯は前歯よりも奥歯の方が失いやすく、65才~74才では半数以上が、75才~84才では70%以上の方が奥歯(前から6番目、7番目の歯)を失っています。
奥歯でしっかり噛めないと食生活がとてもつらくなります。
特に歯を失う原因第1位の歯周病は、成人の80%以上がかかっているといわれます。しかし、初期段階の自覚症状が少ないために自分でそうとは気づいていない「隠れ歯周病」の方がたくさんいます。

歯がぐらつくなどの明らかな症状が出た時にはすでにかなり進行した状態といえます。そうなる前に、30才以上の方はまず1度、歯周病検査を受けていただくことを強くおすすめします。

あれ?!歯ぐきから血が・・・と言う方は是非ご覧下さい。
http://hakusan-dental.com/service/preventive.html

2017年02月15日

歯の話95ご存知ですか?『根管治療!』神経をとる!って、どうゆうこと?

みなさんこんにちは!小田原で評判の痛くない歯医者さん白山歯科クリニックの田賀です。

神経を取ると

皆さんは「歯の神経をとる」という言葉を聞いたことがあると思います。しかし実際には、「とっておしまい」というわけではなく、むしろとってからの処置が重要かつ複雑。そこで、「神経をとる」ことの意味とその処置についてご紹介します。

 神経11.むし歯が進行してしまうと・・・

歯には根管と呼ばれる管があり、その中に歯髄が入っています。
この歯髄がいわゆる「神経」。
むし歯が大きく進行し細菌に神経が侵されると、とても強く痛むようになります。これを放っておくと、歯がボロボロになり、感染は顎にまで広がって、最悪の場合、歯を支える顎の骨が溶けてしまうことも…。
そうなる前に、感染拡大を防ぎ、歯を守るために行うのが「神経をとる」治療です。

 

神経22.ただ神経をとるだけじゃない
実は、神経をとるといっても、簡単にとれるわけではありません。細菌に感染した神経が根管内に少しでも残っていれば、また感染が広がり痛みが生じます。
また、神経をとり除いてもそこにしっかり薬を詰めなければ、やはりまた感染してしまいます。
そして、薬を詰めるには根管の形を整える必要も…。これら一連の処置を「根管治療」と呼びます。

 

神経33.こんなに大変な「根管治療」
根管治療はとても複雑な治療です。
根管は直径0.1mm以下のものもあれば、曲がっていたり枝分かれしていたりと複雑です。
実は、海外では神経が細菌に侵されてしまった場合、「根管治療」ではなく「抜歯」を選択することが珍しくありません。
そもそも「根管治療」が保険で認められていない国が多く、1本10万円以上の治療費がかかることも!
その点日本では保険制度で認められており、むやみに歯を抜かずにすんでいるのです。

根管治療は非常に緻密な治療のため、時間がかかる場合もありますが、歯を守るための大切な処置ですので、ぜひ最後まで通院いただきますようよろしくお願いします。

2017年02月09日

歯の話94『歯に良いお料理レシピ  ロール白菜の中華クリーム煮』

キャプチャ-1

みなさんこんにちは!小田原で評判の痛くない歯医者さん白山歯科クリニックの田賀です。本日のレシピは鶏ささみを美味しく調理できるように考えました。
鶏ささみが高タンパク質なのは有名ですが、実は お口の粘膜を守ってくれるビタミンも豊富なんです!

材料(4人分)
白菜(外側の大きな葉)・8枚
鶏ささみ・・・・・・・・2本
しいたけ・・・・・・・・3本
人参・・・・・・・・・・1本
油揚げ・・・・・・・・・1枚
牛乳・・・・・・・・・・300CC
バター・・・・・・・・・15g
ごま油・・・・・・・・・小さじ1
塩・黒コショウ・・・・・適量

牛乳溶き片栗粉・・・・・大さじ2.5の片栗粉を同量の牛乳で溶く


鶏ガラスープ・・・・・200cc
酒・・・・・・・・・・大さじ3

作り方
1.白菜は熱湯でしんなりするまでゆで、芯の部分に切り込みを縦
に数本入れておく。

2.しいたけは薄くスライスし、人参と油揚げは短冊切り。人参を
軽く下ゆでする。

3.塩をひとつまみ(分量外)入れた熱湯に鶏ささみを入れてす
ぐに火を止め、5分程おく。取り出して冷まし、手で割く。

4.白菜を芯が手前になるように広げ、8等分にした2と3をのせて
ひと巻きし、両端を折り込みながらしっかりと巻き、開かない
ようにつまようじで留めておく。

5.鍋に4を入れ、Aを静かに注ぎ入れ、中火にかける。沸騰したら
塩・黒コショウを適量加え、ふたをして弱火で15~20分煮込む

6.牛乳を入れて3分程煮た後、バター・ごま油を入れる。ロール
白菜を皿に移し、残りの煮汁に牛乳溶き片栗粉を加えてとろみ
をつけ、ロール白菜にかける。