小田原市 歯科 歯医者|白山歯科クリニック|歯科 予防歯科 矯正歯科 審美歯科 ホワイトニング インプラント 小児歯科 無痛治療

お知らせ

2017年03月31日

歯の話101 歯に良いお料理レシピ 「春の彩りがんもどき」

みなさんこんにちは!小田原で評判の痛くない歯医者さん白山歯科クリニックの田賀です。

春が旬のひじきですが、カルシウムは牛乳の12倍もあるんです。
ご存知でした?さらには歯の表面をきれいにしてくれる食物繊維も豊富です!中からも外からも健康な歯を育む大変良い食材です!!

材料10個分

木綿豆腐・・・・・1丁
生ひじき・・・・・20g
アスパラガス・・・3本
人参・・・・・・・50g
ツナ缶(小)・・・・1個
卵    ・・・・1/2個
サラダ油・・・・・適量

調味料
片栗粉・・・・・・大さじ3
和風だし(顆粒)・小さじ1/2
塩  ・・・・・・ひとつまみ
こしょ・・・・・・少々

下準備
●豆腐をしっかり水切りする
●乾燥ひじきを使用する場合は、戻して水気を切っておく。

作り方
1.人参とアスパラガスを大きめのみじん切りにし、ツナの油を切
る。
2.豆腐を手でつぶし、なめらかにする。
3.2に★と、別の器で溶きほぐした卵を加え、混ぜる
(※豆腐のタネがゆるくなり過ぎないように卵液の量を加減して
ください)
4.3に、ひじきと1を入れて、さらによく混ぜる。
5.4を10等分にして形を整える。
6.サラダ油を160度に熱し、5をゆっくりと色づくまであげる。

生地がやわらかい時は、油をつけたスプーンの上でまとめ、揚げ油にそのまま入れてもOK!

画像に含まれている可能性があるもの:食べ物
2017年03月26日

歯の話100 第9回スタッフ症例発表 「咬合性外傷による歯根へのダメージにつて」

みなさんこんにちは!小田原で評判の痛くない歯医者さん白山歯科クリニックの田賀です。

医療法人 白山歯科クリニックでは毎月 衛生士と歯科医師さらにコンシェルジュが発表会を行っています。
今回はベテラン衛生士による治療終了後2年間における細かい咬合変化を追いかけた発表でした。
一人の患者さまの状態を細かく写真で記録し、その分析結果から指導にあたっている素晴らしい衛生士が身近にいることに感謝です。

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、食べ物、テキスト
2017年03月20日

歯の話99 自然に抜けるまで待つ?! 「こんな時の乳歯の抜歯は歯科医院で!」

乳歯の抜歯

みなさんこんにちは!小田原で評判の痛くない歯医者さん白山歯科クリニックの田賀です。

乳歯は自然に抜けるものと思われがちですが、実は歯科医院で抜いた方が良いケースも少なくありません。
次の1~3のケースが当てはまる場合は、先ずは歯科医院に相談してみてください。

ケース1 『乳歯が抜ける前に永久歯が生えてきた』
永久歯が生えてきているのにいつまでも乳歯が残ったままだと、永久歯が乳歯を避けるように生えてしまい、歯並びが悪くなる原因となります。

ケース2  『乳歯の根の周りに膿が溜まっている』
むし歯などが原因で乳歯の根っの周りに膿がある場合、この膿が
永久歯の成長に影響を及ぼす場合があります(エナメル質形成不全)。そのため、仮に痛みがなくても抜いた方が良い場合があります。

ケース3  『乳歯の虫歯がとても進行している』
乳歯はむし歯の進行がとても早く、気づいたときには大きなむし歯になり、歯の頭の部分が無くなってしまうこともあります。これを放置して歯の一部だけが残ってしまうと、歯ぐきの炎症を引き起こしたり、永久歯の生え方に影響することもありますので、このような場合は歯科医院で抜歯をしてもらいましょう。

乳歯は単なる子供の歯ではなく、永久歯が生える場所を正しく誘導する役割もあるため、むやみに抜いてしまうと歯並びが悪くなることがあります。決して無理に自分で抜かず、上記のようなケースが疑われる場合はもちろん、「このままにしておいて大丈夫かな?」と迷ったらまずは歯科医院にご相談ください。

もしお子様の歯並びが心配と思われる方はこちらをご覧下さい。
http://hakusan-dental.com/service/pedodontic.html

2017年03月16日

歯の話98 ひょっとしたらあなたも!早期発見が大切!! 「顎関節症 セルフチェック」

みなさんこんにちは!小田原で評判の痛くない歯医者さん白山歯科クリニックの田賀です。

顎関節-2

顎が開きにくかったり、開くと顎の関節からカクカク音がしたりすることはありませんか?
白山歯科クリニックでは患者さまに、関節周囲に違和感がないか
尋ねてみると半数以上の方が、何らかの異常を感じていると回答されます。

顎の関節は、左右が対になって同時に動き、しかも回転しながら前に出るという複雑な動きをします。左右の筋肉バランスが崩れるなど、ちょっとしたことで影響を受けやすいことが分っています。
他の文献でも成人のおよそ半数が顎に何らかの異常を感じたことがあるとされています。

「顎の関節や筋肉が痛む」「顎の関節がカクカク鳴る」「口が開かない」などの症状を引き起こす病気を総称して「顎関節症(がくかんせつしょう)」といいます。症状が悪化すると治療が難しくなってしまうため、早期発見・治療がとても大切。

ぜひ 顎関節症セルフチェックをしてみてください。
9点以上は要注意です!ただチェック2で「痛みがある」と回答した方はそれだけでも注意が必要です!!

顎関節症の症状はさまざまです。顎の開閉でカクカク音が鳴る程度であれば、大きな問題のないことがほとんどですが、痛みを伴う場合は顎の関節のクッション役である「関節円板」のズレが疑われます。また治療も、鎮痛薬・マウスピース・手術など、症状によりさまざまです。

普段、無意識のうちにやっている悪習慣はなかなか自分だけでは改善できないものです。心当たりのある方や、チェックリストで9点以上だった方はお早めにご相談ください。

『顎関節症を悪化させないためのクリニックからのお願い』
●歯ぎしり・食いしばり・頬づえをつくなどの悪習慣をやめる

●意識的に体全体をリラックスし、上下の歯を常に離す様にする

●むし歯・歯周病の治療をしっかりする

●悪影響を及ぼしている可能性のある親知らずを除去する

2017年03月05日

歯の話97 歯に良いお料理レシピ 「いちごのクラフティ」

みなさんこんにちは!小田原で評判の痛くない歯医者さん白山歯科クリニックの田賀です。あまり知られていませんが、いちごには100gあたり約350mgのキシリトールが含まれています。おいしく食べた後はしっかり歯磨きを忘れずに…!

イチゴ-1

材料(直径14センチ耐熱皿2つ分)
いちご・・・・・・・・・・・・・1パック
卵・・・・・・・・・・・・・・・3個
薄力粉・・・・・・・・・・・・・40g
グラニュー糖・・・・・・・・・・100g
生クリーム・・・・・・・・・・・200ml
牛乳・・・・・・・・・・・・・・50ml
カッテージチーズ(裏ごしタイプ)・20g
バター・・・・・・・・・・・・・6g
粉砂糖・・・・・・・・・・・・・適量

下準備
・いちごを洗って水気を拭き
取り、ヘタを取る
・オーブンを170℃に予熱する
・薄力粉をふるう

作り方
1.ボウルにカッテージチーズと卵を入れ、泡だて器でよく混ぜ
る。さらにグラニュー糖を加え、粒が溶けて見えなくなる程度
まですり合わせるようにして混ぜる。

2.1に牛乳と生クリームを加えて混ぜ、薄力粉を入れてさらによ
く混ぜる。

3.皿の内側にバターを塗り、2を半量ずつ流し入れる。

4.3の上にいちごをのせ、170℃に予熱したオーブンで約30分焼
く。

5.焼きあがったら粉砂糖を振りかけて、できあがり!