小田原市 歯科 歯医者|白山歯科クリニック|歯科 予防歯科 矯正歯科 審美歯科 ホワイトニング インプラント 小児歯科 無痛治療

お知らせ

2017年04月29日

歯の話103 『誤解されやすい歯科用語』

自動代替テキストはありません。

みなさんこんにちは!小田原で評判の痛くない歯医者さん白山歯科クリニックの田賀です。

治療中に私たちの会話を聞いて「それってどういう意味だろう…」と思ったことはありませんか?
実は歯科用語には、皆さんに誤解されやすいものがたくさん!そんな変わった「歯科用語」をご紹介します!

① 印象
誰かの印象が「イマイチ」なわけではありません!
「印象」とは「型取り」のこと。この型取りがうまくいかないと、つめものやかぶせものの精度が下がってしまいますので、イマイチな場合はやり直します!

② バイト
アルバイトの時給のことではありません!
「バイト」とは「噛み合わせ」のこと。噛み合わせの位置を確認・調整する時に「バイトが高い・低い」という表現をしす。

③バツイト
「バツイト」=抜糸です。
「バッシ」じゃないの!?と思うかもしれませんが、歯科では歯を抜くのを「抜歯」=「バッシ」と発音するため、それと区別するために糸を抜くことを「バツイト」と呼ぶんですね。

④ファイル
書類整理をしているわけではありません。「ファイル」とは、歯の根の治療をするために使用する小さな尖った道具です。歯に挿して回したり上下に動かしたりします。「歯がゴリゴリ・チクチクするなあ」と感じるのはこの「ファイル」を使っているときです。

2017年04月23日

歯の話102 お口が乾いていませんか? 『ドライマウスにご用心 ‼ 』

みなさんこんにちは!小田原で評判の痛くない歯医者さん白山歯科クリニックの田賀です。

自動代替テキストはありません。

みなさん朝起きたときなどに「口が乾いてるなぁ‥」と感じることはありませんか?ひょっとしたらそれはドライマウス(口腔乾燥症)かもしれません!
ドライマウスは
◎むし歯、歯周病にかかりやすい
◎口臭を引き起こす
◎誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)を引き起こす
などなどいろいろな悪影響を及ぼします。

そこでドライマウスを簡単に解消できる唾液腺マッサージを説明させて頂きます。
腔内が乾燥している時に、ガムを噛んだり、水分を十分とることなどもだ液を出すためには有効ですが、だ液腺を直接刺激する「だ液腺マッサージ」もとてもおすすめ。図で解説していますから参考にして下さい。

〇舌下腺(ぜっかせん)
顎の先、とがった部分の内側が舌下腺です。両手の親指を揃え、顎の真下から舌を突き上げるイメージでゆっくりと押し上げます。

〇顎下腺(がっかせん)
顎の骨の内側のやわらかい部分が顎下腺です。耳の下から顎先まで、親指で何か所か押すようにします。

〇耳下腺
耳たぶのやや前方、頬骨の下あたりに人差し指から小指までの4本をあて、円を描くように回します。

症状も治療法もさまざま
ドライマウスの原因は、加齢・薬の副作用・ストレス・口呼吸・食習慣のほか、糖尿病や腎臓病、シェーグレン症候群などの病気の場合もあります。だ液の分泌は全身の健康の目安にもなります。乾燥した状態が続く場合には早めにご相談ください。

自動代替テキストはありません。