小田原市 歯科 歯医者|白山歯科クリニック|歯科 予防歯科 矯正歯科 審美歯科 ホワイトニング インプラント 小児歯科 無痛治療

お知らせ

2018年06月23日

歯の話141話 「あなたは大丈夫?睡眠時無呼吸症候群」

みなさんこんにちは!小田原で評判の痛くない歯医者さん白山歯科クリニックの田賀です。ここ数日寒かったり、急に暑かったりで体調を崩される方が多いのではないでしょうか?私もこの季節は、関節が痛かったり体が重く感じています。本日は睡眠時無呼吸症候群のお話しですが、この症状の方は1年を通じ、全身にだるさを感じるという方が多いようです。
睡眠時無呼吸症候群とは、眠っている間に呼吸が止まってしまう病気。日中の眠気など、いびき、睡眠不足、だるさの症状を引き起こし、居眠り運転の原因にもなるなどその影響は深刻です。運転中の居眠り運転の経験者の割合が健常な方の5倍と言われています。実は眠気だけが問題ではありません。
睡眠時無呼吸症候群の症状が重くなると、脳卒中・脳梗塞発症リスクが3.3倍、高血圧のリスクが2.89倍、不整脈(心房細動)の発生頻度が4倍以上、さらに糖尿病リスクも高まるという報告もされており、全身疾患とも密接な関係があります。
治療法は就寝時にCPAPと呼ばれる空気が送られてくる鼻マスクをつける方法、就寝時にマウスピースをつけて気道を広くする方法(歯科で対応できる場合もあります)
更には 外科的手術による方法などがあります。
潜在患者数は300万人ともいわれ、気づいていない方もたくさんいらっしゃいます。高血圧をはじめとするさまざまな生活習慣病とも関わっていますので、寝覚めの悪さや日中の眠気などの症状に心当たりのある方は、ぜひ専門医を受診されることをおすすめします。

自動代替テキストはありません。