小田原市 歯科 歯医者|白山歯科クリニック|歯科 予防歯科 矯正歯科 審美歯科 ホワイトニング インプラント 小児歯科 無痛治療

お知らせ

2017年08月14日

歯の話115話「お口の守り人 歯科衛生士ってこんな人」

みなさんこんにちは!小田原で評判の痛くない歯医者さん
白山歯科クリニックの田賀です。

お盆で帰省され、お墓参りにいかれた方も多いと思います。
私も今日お墓参りに行きましたが、長時間車を運転され帰省される方は事故の無いように安全運転でお願いします。
特に長距離運転で疲れた方には、サービスエリアで休憩を取り、気分転換に歯ブラシでリフレッシュも良いかと思います。

本日はお口のま守り人のお話しをしたいと思います。
皆さんは「歯科衛生士」をご存知ですか?
「ああ、先生の補助の人でしょ?」…そんな風に思っている方も多いのでは。今回は、そんな方のために歯科衛生士について詳しくご紹介します。

〇お口の健康をお守りします!!
歯科衛生士になるには専門の学校で3年、または4年学んだ後、さらに国家試験に合格しなければなりません。

歯科衛生士の仕事は多岐にわたり、中でも皆さんの「お口の衛生を保つ」「歯周病の治療をする」ことは最も重要な仕事のうちの一つ。歯についた歯石やバイオフィルム(強固な細菌の膜)など、普段のセルフケアでは取れない汚れを専門の器械を使って除去したり、フッ素などの薬品を使うことができます。

これはしっかりとした専門の知識と技能を兼ね備えた歯科衛生士だからこそできる医療行為であり、予防はもちろん、歯周病の改善にも大きな役割を果たします。
歯科医院には歯科助手と呼ばれるスタッフもいますが、医療行為は認められていません。

〇セルフケアのアドバイス
また、もう一つ重要な役割が「保健指導業務」です。
患者さまに歯磨き指導をしたり、食習慣・生活習慣などについてもアドバイスをします。左の記事にあるようなセルフケア・プロフェッショナルケアを通して皆さんの健康維持のお手伝いをすることも歯科衛生士の最も重要な役割です。

このように、歯科衛生士は歯科医院には欠かすことのできない、口腔内の健康を守るプロフェッショナルです。
白山歯科クリニックでは現在5人の熟練した衛生士が在籍していますので、お口の中の気になることや悩みなどがありましたら、お気軽にお尋ねください!

歯科衛生士についてもっと詳しく知りたい方はこちらへ
http://hakusan-dental.com/staff/staff_takayama.html

自動代替テキストはありません。