小田原市 歯科 歯医者|白山歯科クリニック|歯科 予防歯科 矯正歯科 審美歯科 ホワイトニング インプラント 小児歯科 無痛治療

お知らせ

2018年04月19日

歯の話137話 「意外に知らない?お口の常識非常識!」

みなさんこんにちは!小田原で評判の痛くない歯医者さん白山歯科クリニックの田賀です。小田原城址公園の藤棚の藤も見ごろになってきました。今日は意外に知られていない、お口の常識をクイズ形式にしました。
問題1 歯ブラシは毛先が開いたら交換?
A. もちろん毛先が開いたら交換ですが、たとえ見た目が平気でも細菌が繁殖。さらに時間が経てば弾力を失い汚れが落とせなくなります。ですので、毛先が開かなくても1ヶ月程度を目安に交換しましょう。
問題2 歯は食事のたびに溶けてるってホント?
A. YES!歯は食事で糖質をとるたびに、むし歯菌によって溶かされています。では、どんどん溶けてしまうのか?いいえ。だ液の作用でちゃんと修復されるようになっています。しかし、「ダラダラ食べ」などで歯が溶けすぎるとだ液の作用が追いつかず元に戻らなくなります。これがむし歯です。規則正しい食生活と食後のケアを!
問題3 歯の抜ける原因の1位は虫歯?
A. No ! 歯が抜ける一番の原因は「歯周病」です。歯周病は歯ぐきがはれるだけでなく、進行すると歯を支えている骨を溶かしてしまう恐ろしい病気。これによって歯が抜けてしまいます。
問題4 神経ってできれば取らないほうがいいの?
A. Yes!神経は単に痛みを伝えるだけでなく、歯に栄養を送っています。つまり、虫歯治療などで神経を取ってしまうと、栄養が不足し、歯がもろくなって寿命が短くなってしまいます。
早期発見のためにも定期的に検診をうけましょう。
自動代替テキストはありません。