小田原市 歯科 歯医者|白山歯科クリニック|歯科 予防歯科 矯正歯科 審美歯科 ホワイトニング インプラント 小児歯科 無痛治療

お知らせ

2018年07月08日

歯の話143話 「病気のサイン?歯ぐきが変色する4つの理由!」

みなさんこんにちは!小田原で評判の痛くない歯医者さん
白山歯科クリニックの田賀です。美しい口元に必要なのは、単なる「歯の美しさ」だけではありません!
歯が綺麗でも歯ぐきが「真っ黒」ではせっかくの美しい歯も台無し!それどころか、病気のサインである可能性もあります。
原因①
歯ぐきの色が赤や赤紫の方は歯周病が疑われます。
歯周病は「歯周病菌」が歯を支える骨を溶かし、最後には歯が抜けてしまう病気です。初期段階では歯ぐきの炎症により赤くなります。さらに進行すると、歯周病菌が歯と歯ぐきの隙閣の奥深くまで入り込み、歯ぐきの色が赤紫へと濃くなっていきます。
原因②
歯ぐきの色が黒や紫の方は喫煙が原因の血行不良です。
喫煙をしている方は、ニコチン ・ タール拡どの有害物質が歯ぐきに染み込み、さらに血行も悪く怠って歯ぐきが「黒」や「紫」っぽくなります。
原因③
歯ぐきの色が濃い黒(歯も黒い)の方は歯の根が変色しています。
歯の神経が死んでしまうと歯や歯根が黒くなってきます。
歯ぐきが薄いと歯根がすけて見えてしま い、歯ぐきが黒っぽく見えることがあります。
原因④
歯ぐきの色がシミになったような黒や灰色の方は被せ物や詰め物に使われている金属が溶け出しています。
かぶせものやその土台などに金属を使用していると、金属の表面のサビや金属そのものが流れ出る(溶け出している)金属が原因で、歯ぐきに沈着し黒くなる場合があります。
健康な歯ぐきを取り戻すにいは、原因に応じた処置または治療が必要です。特に金属が原因で歯ぐきに変色している方は「金蔵アレルギー」を引き起こし、手足のかゆみや手のひらや足裏の皮がむける「掌蹠膿疱症」に発展してしまう方が多いようです。 一度発症すると回復に大変時間がかかります。手のひらや足裏に違和感があれば早めの対応が大切です。
治療の場合は
http://hakusan-dental.com/service/general.html
をぜひご覧下さい。
自動代替テキストはありません。