小田原市 歯科 歯医者|白山歯科クリニック|歯科 予防歯科 矯正歯科 審美歯科 ホワイトニング インプラント 小児歯科 無痛治療

お知らせ

2019年07月01日

歯の話160話「夏到来!歯のご用心」

みなさんこんにちは!小田原で評判の痛くない歯医者さん白山歯科クリニックの田賀です。今朝は雨上がりで涼しく感じますが、7月に入りそろそろ夏到来の時期です。暑くて冷たいものや水分が欲しくなります。そんなこの時期に気を付けてほしい3つのことをお話ししたいと思います。
1.アイスにご用心
「冷たいものは甘さを感じにくい」ことをご存知ですか?アイスは冷たいだけではなく、しっかり甘みもあります。そう「冷たいのに甘く感じる」ということは、かなりの糖分を使っている証拠。アイスを食べた後は、歯みがきや少なくとも口をしっかりすすぐようにしましょう。
2.飲み物にご用心
「糖質ゼロ」の飲料は、歯にも悪くないように思えますが、実は大間違い。糖分が無くても、果糖が入っていることがあるので酸性度の強い飲料を大量に飲み続けると、写真のように歯が溶けてしまうのです。図にある飲み物は酸性度が強いので、飲み過ぎに注意。飲んだ後のうがいも忘れずに!
3.夏バテにご用心
夏バテはお口にも大きな影響があります。お口には多くの細菌が生息していますが、その細菌を洗い流す働きをしているのがだ液です。このだ液が実は夏バテによって少なくなってしまうのです。むし歯や歯周病は細菌が原因。そう、だ液が減ることでそれらのリスクが一気に高まります。しかも夏バテで免疫力も下がっているのでさらなる注意が必要です。
写真の説明はありません。