小田原市 歯科 歯医者|白山歯科クリニック|歯科 予防歯科 矯正歯科 審美歯科 ホワイトニング インプラント 小児歯科 無痛治療

お知らせ

2019年07月21日

歯の話161話「一生 おいしく食事をしたいのなら・・・」

みなさんこんにちは!小田原で評判の痛くない歯医者さん白山歯科クリニックの田賀です。定期検診はたいへん重要で、グラフのように「症状があるときだけ」しか歯科に来ない方は、80歳になると歯の本数がゼロに近付きます。一方、定期的に歯科に来院しメンテナンスを受けていた方は、およそ20本もの歯を残すことができています。では、なぜこんなに差が出るのでしょうか?
理由その1.セルフケアにも限界が
「バイオフィルム」という言葉を聞いたことがありますか?排水口のヌメヌメ、これも「バイオフィルム」です。この正体は細菌同士が強固に結びついたもので、歯磨きだけでは取り除く事が出来ません。放っておけばむし歯や歯周病を引き起こします。そこで重要なのが歯科医院で「バイオフィルム」を取り除いてもらうこと。定期的にプロにクリーニングをしてもらう事が歯を守る事に確実に繋がります。
理由その2.自覚症状が出たらアウト!
むし歯にも歯周病にも共通して言えること、それは「早期発見」できるかどうかで、大きく歯の寿命が変わるということです。むし歯が進行して神経を取ってしまうと、栄養分が送られなくなり枯れ木のようになります。また、歯周病も歯ぐきが腫れるだけでなく、やがて歯を支える骨を溶かします。いずれも初期段階では自覚症状はほとんどありません。だからこそ、定期的なチェックで早期発見することが、歯を守ることに大きく貢献します。
定期的に来院して、予防とチェックをすることは、歯を失いたくない方にとって必須の習慣です。メンテナンスの間隔はお口の状態によっても変わりますので、まずは歯科医院にてご相談ください。
写真の説明はありません。