小田原市 歯科 歯医者|白山歯科クリニック|歯科 予防歯科 矯正歯科 審美歯科 ホワイトニング インプラント 小児歯科 無痛治療

お知らせ

2019年05月05日

歯の話159話「中高年に多い大人虫歯とは?」

みなさんこんにちは!小田原で評判の痛くない歯医者さん白山歯科クリニックの田賀です。「むし歯」といえば歯の「噛み合うところ」や「表面」にできるイメージがあるかもしれません。しかし、年をとるにつれ、思いもよらないところにむし歯ができるように…。しかも自分では気づきにくく、発見したときには手遅れのケースも多い。そんな「大人むし歯」についてご紹介します。
大人虫歯その1 根面虫歯
簡単に言えば、「歯の根」の表面にできるむし歯です。
歯の根は本来歯ぐきの中に覆われていますので、むし歯にはなりにくくなっています。しかし!実は加齢や歯周病によって、歯ぐきが少しずつ下がってきます。すると、歯の根が露出してしまうのです(歯が長くなったようにも見えます)。しかも、歯の根の表面は非常に弱いため、しっかりケアしないと、いとも簡単にむし歯になってしまいます。
大人虫歯その2 二次虫歯
一度治療をして「つめもの・かぶせもの」などをしたところはもう安心!と思っている方がいらっしゃいますが、これは大きな間違いです!むしろ、そうしたところの方が、もう一度むし歯になる危険性が高くなります。「つめもの・かぶせもの」は精度も高く、強力に接着されています。しかし、人工物である以上、毎日の食事などで使用されていれば、どうしても隙間や段差などができてしまいます。こうした隙間からできてしまうのが「二次むし歯」です。
気づきにくい「大人虫歯とは?」
年齢とともに歯の神経を取り囲む「象牙質」が厚くなるため、根面むし歯になっても痛みを感じにくくなります。
二次むし歯も、もし歯の神経をとってしまっていると、やはり痛みを感じにくく、いずれのむし歯も「気づいたときには相当進行している」ことが珍しくありません。これらを防ぐには、やはり正しいケア、そして、定期的な歯科医院でのチェック。これ以外に方法はありません。来院の際にケア方法の指導や予防処置もしますので、むし歯はもちろん、歯ぐき下がりの原因になる歯周病も防ぐことができます。ぜひ定期的なご来院をおすすめします。
虫歯治療を急ぎたい方は!
http://hakusan-dental.com/service/img/serec.pdf

 

写真の説明はありません。
2019年05月04日

歯の話158話「歯周病が招く糖尿病の悪化と心臓病」

みなさんこんにちは!小田原で評判の痛くない歯医者さん白山歯科クリニックの田賀です。
歯周病は単に歯ぐきがはれたり、出血するだけの病気ではありません。「歯周病菌」と呼ばれる細菌が歯を支える骨を溶かし、歯が抜けてしまう病気です。
しかし!歯周病の怖さはこれだけに留まりません。なんと、出血したところから細菌が入り込み、それが全身に巡ることで、体中の様々な病気にも影響を及ぼすのです。
糖尿病は、「失明」や足などの「壊疽(えそ=腐る)」といった、恐ろしい合併症のリスクがある病気です。
歯周病になると、歯周病菌が発する毒素により、血糖をコントロールするインスリンの働きが鈍くなって、ますます歯周病が悪化してしまいます。また反対に糖尿病の人は、通常より2倍以上も歯周病になる確率が高いというデータもあります。
歯周病菌が血流に乗り「冠動脈」に達すると、心臓病を引き起こす原因になります。冠動脈とは心臓を取り囲むように張り巡らされた血管で、心臓が動くために必要な栄養素や酸素を送る重要な役割を持っています。ここに歯周病菌が達すると、なんと血管が炎症を起こして動脈硬化が促進され、最後には心筋梗塞や狭心症を引き起こすのです。ある調査によると歯周病は心臓病のリスクを2~3倍も高めることがわかっています。
実は歯周病はこれら以外にも、様々な全身の病気と関わっていることがわかっています。もし歯ぐきがはれていたり、出血がある場合は、まずは歯科医院で歯周病治療を受けること。また、歯周病菌はしばらくすると必ず増殖し、再び歯周病を引き起こしますので、定期的なメンテナンスを受けていただくことも非常に大切です。
歯周病が心配な方は是非こちらもご覧ください。
http://hakusan-dental.com/service/preventive.html

 

写真の説明はありません。
2019年04月21日

歯に良いお料理レシピを作ってみました!

白山歯科では毎月新聞をお渡ししています( ˙³˙) 人気の歯に良いレシピのコーナーのお料理を受付スタッフで作ってみました✨思っていたより簡単に出来ましたよ☺️#白山歯科#白山歯科新聞#毎月見てね#お料理レシピ ほかにも#間違い探し#歯の豆知識 載ってます#簡単レシピ#楽しかった#来月何かな?

写真の説明はありません。
写真の説明はありません。
画像に含まれている可能性があるもの:食べ物
画像に含まれている可能性があるもの:食べ物
2019年04月21日

歯の話157話「入れ歯はしっかり使いましょう!」

みなさんこんにちは!小田原で評判の痛くない歯医者さん白山歯科クリニックの田賀です。
高齢者の交通事故のニュースを耳にするたび大変残念な気持ちになります。歯を失うことで認知症のリスクが上昇することが分かってきましたが、歯を失ってしまっても、入れ歯やインプラントをしっかり使うことで、歯が残っている人とほぼ同レベルにまでリスクを下げられることもわかっています。単に食事や見た目だけの問題ではなく、健康に生きるためにも入れ歯は重要な役割を果たしますので、失った歯は放置せずに我々にご相談ください。

写真の説明はありません。
2019年04月18日

歯の話156話 ひょっとしてあなたも顎関節症?!

みなさんこんにちは!小田原で評判の痛くない歯医者さん白山歯科クリニックの田賀です。
今朝 顎の関節が痛みで目が覚めてしまいました。
ここ数カ月 噛みしめもなく調子よかったのですが、診療中 無意識に噛みしめていたようで関節を痛めていまったようです。顎の関節は、左右が対に芯って同時に動き、しかも回転しながら前に出るという複雑な動きをします。左右の筋肉バランスが崩れるなど、ちょっとしたととで影響を受けやすく、成人のおよそ半数が顎に何らかの異常を感じたことがあるとされています。
『顧の関節や筋肉が痛む』『頓の関節がカクカク踊る』『ロが聞かない』などの症状を引き起こす病気を総称して『顎関節症{がくかんせつしよう}』といいます。症状が悪化すると治療が難しくなってしまうため、早期発見・治療がとても大切ですので、図のチェックリストを参考に自己診断してみてください。

写真の説明はありません。