小田原市 歯科 歯医者|白山歯科クリニック|歯科 予防歯科 矯正歯科 審美歯科 ホワイトニング インプラント 小児歯科 無痛治療

診療内容について

インプラント

当クリニックでの治療例

当クリニックでの治療例を紹介します。

01 歯根破折のためインプラント治療/手術当時20代 男性

平成10年3月に歯根破折のためインプラント治療を計画

平成10年8月インプラント埋入(白の矢印がインプラントです)

3年後のインプラント定期検診時のレントゲン

17年後のインプラント定期検診時

右の口腔内写真、左下のCT、右下のレントゲンでも分りますが17年前のインプラント治療後からほとんど変化がありません。定期検診を毎回受けて頂いたおかげです。


  • ※ 赤い線は神経です

02 奥歯が折れたためインプラント治療/手術当時40代 女性

平成13年3月インプラント診断

平成13年9月左右にインプラント埋入

1年後のインプラント定期検診時のレントゲン

13年後のインプラント定期検診時

ご本人の要望で平成20年3月に奥歯が折れ、インプラント治療を追加。全部で3本のインプラントを埋入させていただきました。現在も定期検診で大変良い状態を維持して頂いています。(白の矢印部分がインプラントです)


  • ※ 赤い線は神経です

03 前歯が折れたためインプラント治療/手術当時50代 男性

平成23年7月インプラント診断(神経のない前歯の根が折れて受診)

平成23年8月インプラント埋入(白の矢印がインプラントです)

1年後インプラント定期検診時のレントゲン

4年目のインプラント定期検診時

ご本人から「インプラントを入れていたことを忘れてしまう。」というお言葉を頂きました。まだ期間は短いですが良い状態を維持されています。


  • ※ 赤い線は神経です

04 奥歯のインプラント治療/手術当時50代 女性

平成24年3月インプラント診断

平成24年6月サイナスリフトを利用して上の奥歯にインプラント埋入(人工骨を利用)

3年目のインプラント定期検診時(白の矢印部分がインプラントです)

05 歯根破折のためインプラント治療/手術当時80代 男性

平成23年インプラント診断

平成24年2月インプラント埋入(白の矢印部分がインプラントです)

3年後のインプラント定期検診時

06 奥歯のインプラント治療/手術当時40代 男性

平成23年インプラント診断(歯周病で左奥歯が保存できない状態でした)

平成24年5月インプラント埋入(サイナスリフト)

平成25年11月に歯を製作

インプラント埋入4年後のインプラン定期検診(検診のたびに歯ぐきがきれいに変化)

インプラントQ&A

治療をする前に気になることは?

Q1 インプラントの手術は痛くないですか?

回答

局所麻酔をして行いますので、手術中の痛みはほとんど感じません(歯を抜くときの痛み程度と考えてください)。

Q2 ブリッジのところをインプラントに変えることはできますか?

回答

ブリッジの欠損部分の所にインプラントを入れることは可能です。
そして歯が無かったところはインプラントで歯をつくり、土台に使っていた歯はセラミックで被せることにより歯もより長持ちします。

Q3 インプラント治療にかかる期間はどれくらいですか?

回答

通常3~6ヶ月くらいかかります。 一般的にインプラントが顎骨と結合するのに下顎で3ヶ月、上顎で6ヶ月必要と言われています。

Q4 インプラント手術は誰でも受けられますか?

回答

年齢的には顎の骨が完成する18歳以上から、健康であれば高齢の方でも大丈夫です。 ただし、お口の清掃が十分にできない方、重度の全身疾患(重度の糖尿病、心疾患、腎疾患、肝疾患、喘息等の呼吸器系疾患、高血圧等)のある方、妊娠中の方などは、手術ができない場合があります。

Q5 インプラントはどのくらいもちますか?

回答

インプラント学会のデータ的には、10年間のインプラント生存率が90%以上と言われております。長持ちするか否かは二つのことに大きく左右されます。
そのひとつは噛み合わせです。いくらインプラントが丈夫でも、残っている歯が抜けたり動揺したりすればインプラントに過大な負担が生じ、寿命が短くなります。
もうひとつは汚れです。天然歯の歯周病と同じで、インプラントも細菌感染により寿命が短くなります。長期間良い状態を維持するため日頃のセルフケアがとても重要です。
また定期的なメンテナンスは必ず受診してください。セルフケアだけで十分管理しきれない部分を私たちがお手伝いさせていただきます。

Q6 ガイデッドサージェリーの精度は大丈夫ですか?

回答

大丈夫です。患者さまの治療例で詳しくお答えさせて頂きます。

下の図は60代の女性の患者さまで、失われた2本の奥歯をンプラントで再現した画像です。このデータをもとにドイツ国内で製作されたサージカルガイドを使用しインプラント治療を行いました。

治療結果のCT画面

治療計画を再現したサージカルガイドで手術を行った直後のCT像

*赤い線は神経、青は理想的な歯の画像です。

上下の図と見比べて頂ければ一目瞭然ですが、サージカルガイドを使用すればインプラント治療計画と全く変わらない手術が可能です。角度や長さ、前後の位置関係まで治療計画を正確に再現します。これにより安心・安全なインプラント治療ができると考えています。

当院のインプラントにかける想い

皆さん、はじめまして。
白山歯科クリニックの院長の田賀紀広です。

美味しいと楽しいをもっと自然に、好きなものを美味しく食べることや楽しい時に思いきり笑えることは、当たり前のようですが、実はとても幸せなことだと思っています。

わたしたちは、そんな当たり前の幸せを1日でも長く感じていただく為に安全で快適なインプラント治療を1995年から行っております。
患者さまのことをたくさん教えて頂き、お互いに信頼関係を築きながらお互いが納得できる治療をやり続けることを目標としています。

早く治療を終わらせたい、そんなに治療に時間を費やせない、歯にそこまでの価値を見いだせない、という患者さまには不向きな歯科医院かもしれません。
しかしながら、時間をかけて丁寧に治療したい、しっかり治療したい歯を健康な状態で維持し続けたい、という患者さまにとっては最良の歯科医院であると思います。
スタッフ一同、皆様の人生をより豊かにするお手伝いをさせていただきたいと思っております。

インプラントの概要

歯を失った患者さまにとっての第3の歯がインプラントです。
インプラントは、約50年程前にで臨床研究がおこなわれており、顎の骨にチタン製の人工歯根(インプラント)を埋め込む治療法です。乳歯や永久歯に続く第3の歯と呼ばれています。

白山歯科クリニック インプラント料金の目安

インプラント手術318,800円~
上部構造171,100円~(プロセラアバットメント,仮の歯を含む)

インプラントの特長

インプラントには大きく2つのメリットがあります。
  • メリット01/強度も安定性もバッチリ

    インプラントは顎の骨にネジを直接埋め込みますので、入れ歯のようなグラつきも無く、取り外す必要も無いため正しいメンテナンスで半永久的に自分の歯として自然に過ごすことが出来ます。

  • メリット02/健康な歯を削らずに済む

    インプラントは他の治療にあるような隣接する歯にワイヤーをかけたりするブリッジ等とは違い、周りの歯を削ったり傷つけたりしません。また異物感や口臭の心配もありません。

当院で行うメリット

「患者さまのお身体を最優先した安全なインプラント」
インプラント治療を行うためには、顎の骨の形や質、神経、血管の立体的な位置を正確に診断する必要があります。そのようなことから安全で正確なインプラント治療を行うためには、CT撮影は不可欠です。
しかし、それだけでインプラント手術を行うには十分とはいえません。
どの位置に、どの角度で、どの長さにインプラントを埋入するかをCT上に再現して擬似手術を行います。その手術に対して、いろいろな角度から問題点がないか徹底的に検証していきます。理想的な位置にインプラントを設計したデータをCT上に構築し、その設計を正確に写し取った設計図を立体的に作り出していきます。(ノーベルガイド・オプチガイド)

セレックによる歯の設計とGALAXISインプラントシミュレーション

GALAXISインプラントシミュレーションとはシロナXG3D CTスキャンで撮影したレントゲンとセレックによる理想的な歯から最適なインプラントの位置を3Dで表示します。
高性能なインプラントシミュレーションソフトです。
精密な3Dを使用したシミュレーションデータを、施術前に患者さま自身の眼で見てご理解・ご納得いただくことでより安心して治療が受けられるとご好評をいただいております。

難症例でもインプラントを可能にする技術

インプラント手術においては、通常の手術では難しいケースがあります。
特に上顎(上あご)には、鼻につながる空洞(上顎洞)があるため骨の量が不足する場合が多く、インプラントでは難症例となるケースがあります。
特に難症例では事前にCTやGALAXISインプラントシミュレーションをしなければインプラントがうまく埋入できず失敗するケースもあります。

当クリニックでは、上顎洞底挙上術といって、上顎洞の壁からアプローチするサイナスリフトや歯槽骨頂からアプローチするソケットリフトなどの手術法により、難症例でも手術を行うことが可能です。

サイナスリフト法

骨が極端に薄くて通常ではインプラントができない場合や多数の歯が欠損している場合に行う手術法です。骨移植とインプラントの埋入を別々に行います。

ソケットリフト法

骨が薄くて通常ではインプラントができない場合に骨を増やして手術を行う方法です。骨の移植と同時にインプラントの埋入を行えますので、歯が入るまでの期間はサイナスリフト法より短いです。

保証について

当院が責任をもって診療したものについては、保証期間中(10年間)、通常使用で破損に脱落等が生じた場合、保証書をお持ちくだされば、インプラント本体に関して無料で修理や再装着や再製作をさせて頂きます。但し、インプラント本体に接続した上部構造の保証期間は5年になります。

※以下のような場合には、保証期間内であっても修理や再装着や再製作は一部または全部有料となりますのでご注意下さい。

治療後の予防専門プログラム

インプラント治療をした後は、できるだけ長くお使いいただけるように白山歯科クリニックでは歯周病専門メンテナンスプログラムを推奨しております。
インプラントだけではなく、ご自身の歯を守るためにもぜひご検討していただきたいと思います。

基本的な流れ

  • まずはお気軽にご相談ください

    名前は聞いたことあるけどインプラントってどういう治療?いくらくらいかかるの?治療期間は?などのご質問がある場合はお気軽にご相談ください。

  • 口腔内検査

    患者さまの状態を確認するために、口腔内の診断を行います。レントゲンなどでお口の状態を把握してカウンセリングを行い、一緒に治療計画を立てていきます。

  • 詳細な検査を行います

    カウンセリングが終了したあとは、CTスキャンなどを使用してインプラント治療を行って問題がないかの詳細な検査を行ってお口の状態を更に詳しく確認します。

  • 手術前の事前説明を行います

    詳細な検査を行ったあとは、治療計画に基いて事前説明(インフォームドコンセント)を行い、患者さまに同意していただきます。

    ここがポイント!

    当院ではインプラント治療の際にサージカルガイドという器具を使用いたします。これは顎に施す埋め入れ手術時に正確に安全に行うためのマウスピースのようなものです。サージカルガイドの活用により、より安全で正しい治療を行うことが出来ます。

    サージカルガイド

  • インプラント手術を行います

    当院では滅菌した専用の手術室で施術を行います。手術が怖い方には笑気吸入鎮静法を採用いたしますのでご安心して手術に臨んでいただくことが出来ます。

    笑気吸入鎮静器
  • 必要な場合は治癒期間があります

    手術後一定期間インプラントと骨の結合を待つ治癒期間を設ける場合があります。仮の歯を入れて、定期的に来院いただき消毒と結合の状態を確認いたします。

  • 人工の歯をインプラントに装着します

    形や色などを患者さま用に合わせて作製し、噛み合わせの最終確認を行った後、被せ物を永久仮着いたします。装着後は数週間で馴染み、自分の歯として自然に利用できます。

  • メインテナンスと定期検診

    歯科医師によるインプラント部分のかみ合わせと、CTによる検診、専属の衛生士による定期的な全体のメインテナンスを受けて頂きお口のなかの健康を維持していきましょう。